(大東亜戦争はアジア解放戦争であった)
 【インドネシア独立記念日は日本の「皇紀」】
インドネシアの首都、ジャカルタに「スカルノ・ハッタ記念公園」(独立宣言広場)が有る。初代大統領スカルノと同副大統領ハッタの大きな銅像に挟まれる様にして、「独立記念碑」が有る。その記念碑に、独立記念日が「17・08・05」と刻まれている。同国の独立記念日は、西暦では、1945年8月17日であり、普通は、「17・08・45」と表記する処であろう。処が、そうではなく、「17・8・05」と刻まれている。それは一体何故であろうか?
また、その表記はどの様な意味を持っているのであろうか?
 「17・08・05」は、戦後日本で殆ど使われなくなってしまった「皇紀」である。皇紀2605年8月17日を意味した表記となっているのである。戦後は「皇紀」ということを学校では全く教えていない為に、「皇紀」の意味が理解出来ない日本人も多いと思われるが、「皇紀」は、我が国の初代天皇である神武天皇が橿原の地で即位された年を「皇紀元年」として、年を数えてきた「我が国独自の暦」である。我が国では、終戦の年まで使用していた暦であるが、戦後は殆ど使用されなくなってしまった。
 処が、何故、インドネシアの独立記念日は、我が国の「皇紀」で表記されているのであろうか?
 それは、「インドネシアは日本のお蔭で独立出来た」との思いを籠めて、同国の初代大統領スカルノと同副大統領ハッタが、その様な表記としたのである。
 その大きな理由は、下記の様な背景及び事情であった。
 オランダによるインドネシアの植民地支配は、1596年に、オランダが艦隊をインドネシアに派遣したことに始まる。
昭和17年(1942)3月1日、今村均中将率いる日本陸軍第16軍がジャワ島に上陸し、同月9日には、オランダ軍を制圧してしまった。
其の事はインドネシアの人々にとって非常に大きな衝撃だった様である。それまで、インドネシアは、約350年間オランダの植民地として統治されていた。その間、幾度か、オランダからの独立を目指してインドネシア人が戦った事があった様であるが、オランダ軍に全く歯が立たなかったという経過があったからである。
 日本軍はその後、約3年半に亘る軍政統治を続けた。その間、日本軍は、延べ3万8千人とも言われるインドネシアの青年達に、基礎学力を身に付けさせる為の教育や軍事訓練を含めた様々な教育を続けた。ジャワに、「プートラ」(民族結集組織)や「ホウコーカイ」(奉公会)という組織の本部を作ると共に全国に支部を作り、組織運営の方法を教えただけではなく、農業指導も行った。併せて、インドネシアの青年達に対して、「我々日本軍は、アジアを解放する為に戦っている。しかし、真の独立は(君達が)自らの血と汗を流して勝ち取らなくてはならない。」と訴えた。また、オランダ人を一掃し、インドネシア人に高い地位を与え、能力と責任感を身に付けさせた。
 昭和20年(1945)8月15日、我が国は、誠に残念ながら敗戦を喫した。その後、本国から、各前線の部隊に対して、「武装解除命令」並びに「帰還命令」が出た。
 しかし、インドネシアの場合は、その帰還命令に従わず、約1,000人の元日本兵が残留し、その後、約4年半続いた同国の独立戦争を戦ったのである。
 昭和24年(1949)12月27日、同国が漸く独立を勝ち得た時までに、元日本兵は約700人が戦死したと言われている。
 インドネシア独立までには、以上の様な経過が有った。昭和20年(1941)8月17日、我が国の敗戦の2日後に、スカルノとハッタが独立宣言を発する時点で、既に、「インドネシアの独立は日本のお蔭である」という強い思いが有ったからこそ、冒頭にも記したとおり、同国の独立記念日は、我が国の「皇紀」で表記されているのである。
 世界の歴史上、自国の独立の為に多大な犠牲を払って戦った例は数限りなくある。しかし、他国の独立の為に、この様に多くの戦死者を出して戦った例はまず無いであろう。(但し、ベトナムの場合は、インドネシア同様、戦後約800人の元日本兵が残留して、ベトナムの独立の為に戦ったと言われている。また、約8,000人のインドの青年達と共に日本軍が多大な犠牲を払ってイギリス軍相手に「インパール大作戦」を戦った事が、インドの独立に大きく繋がった事並びに「ビルマ独立の志士」と言われた30人のビルマ人青年達を、日本軍が海南島で訓練、指導した事がビルマの独立に大きく繋がって行った事なども、インドネシア独立戦争に通ずる処が大であると言える。)
 何故、インドネシアに多くの元日本兵が望郷の念を断ち切り、残留して同国の独立戦争を戦ったのか?それは取りも直さず、大東亜戦争が、我が国の自存自衛の為の戦争で有ったと言う事と共に、長期間欧米の植民地となっていた東南アジアを解放すると共に、理想的なアジアを構築する『大東亜共栄圏構想』という大義に基いた『東南アジア解放戦争』でもあったからに他ならない。

【筆者インドネシア訪問】

 その様な事実を筆者が知ったのは、平成14年のことであった。
 筆者は、(その時点において)「もしかしたら、インドネシアの独立戦争を戦った元日本兵の方々が未だ少なからず生きておられるかも知れない…」「是非、それらの元日本兵の方々にお会いしたい。そして、『我が国の敗戦後、何故、日本に帰られずに、インドネシアに残留し、同国の独立戦争に身を投ぜられたのか?』を、また、当時の背景や独立戦争の実態、経過等を何としてでも直接お聞きしたい。」という気持ちを抑え切れずに、翌平成15年3月11日、知人であるシンガポールの槙田邦彦大使(当時)を大使公邸にお尋ねし、同地に一泊した後、翌12日~16日まで、インドネシアに滞在して、インドネシア独立戦争を戦われた元日本兵である「宮原永治氏」(83歳、当時、台湾出身)と、藤山秀雄氏(82歳、同、佐賀県出身)のお二人にお会いすることが出来た。(もちろん、そう簡単にお会い出来た訳ではなく、訪イする前に、様々な努力を重ねて、漸く宮原永治氏と連絡が取れた後、訪イすることになったものである。)
 特に、宮原さんには、3日間に亘りお話をお伺いすると共に、日本人として訪問すべき各所を御案内頂いた。

【元日本兵、宮原永治さんのお話】
 宮原さんからお伺いしたお話の要点は、冒頭に記した内容と重複する点も有るが、下記の様な内容であった。
「…日本が敗戦した後、オランダ軍(とイギリス軍)がインドネシアを再占領する様に入ってきたんです。しかし、それまで日本軍に教育されていたインドネシアの青年達は、『二度とオランダの植民地になってたまるか!』との思いで、独立義勇軍『ペタ』を組織して、(当初はイギリス軍と、その後は)オランダ軍相手に戦い出したんです。しかし、実戦の経験の無いインドネシアの青年達は次から次へと斃れて行く…『それを見て見ぬ振りをして日本へ帰る訳にはいかない…』と思った元日本兵が、(誰に強制された訳でもなく)それぞれ個々人の判断でインドネシアに残留して、インドネシアの青年達と共に戦い出したんです。10~20名のゲリラ部隊がオランダ軍を相手に戦うという構図でした。…日本兵の多くはそれらのゲリラ部隊のリーダーとなって、最前線に出て勇敢に戦いました。…そして、1949年、インドネシアの独立が成るまでに、約700人の元日本兵が戦死したんです。…戦い出した当初、日本軍は、日本軍の武器を『落とした…』とか『盗まれた…』という口実をつけて、『ペタ』やインドネシアの青年達に提供したんです。…中には、日本軍がインドネシアの青年達にいきなり襲われて、武器を奪われるケースも有ったんです。…大東亜戦争当時、各戦地で戦っていた日本兵の多くは、 (第一義的には、我が国を護る為、と言う思いと併せて)『大東亜共栄圏構想』に基き、『アジアを解放する』と言う大義の下に戦っていたんです。インドネシアに派遣されていた我々は、『何としてでもインドネシアを解放する』という大義の下に戦っていたんですよ。…『大東亜共栄圏構想』は非常に素晴らしい考え方であると思っていました。…戦後、B級、C級戦犯として処刑された数は、インドネシアの元日本兵が最も多かったんです。…(戦後、処刑された元日本兵は、我が国全体では、1,069名とも言われる)
 当時の日本軍は、非常に軍規・軍律が厳しく、戦後言われている様な不法事件など殆どありませんでした。…慰安婦の件などは我が国が非難を受ける必要など全くありません。…日本軍は、それまで公用語として使用されていたオランダ語と英語の使用を禁止すると共に、多くの言語に分かれていたインドネシアに共通語を定めて、インドネシアの青年達の意思統一を図る様にしたんです。…インドネシア独立戦争をインドネシアの青年達がオランダ軍相手に戦い続ける事が出来た背景としては、日露戦争において、小さな国日本が大国ロシアを撃ち破った事と、大東亜戦争緒戦において、日本軍が短期間でオランダ軍を撃ち破った事が、多くのインドネシアの青年達に大きな勇気を与えていた事が挙げられます。
 インドネシアの独立が成った後、元日本兵に対して懸賞金が出たこともあって、堂々と日本名を名乗ることさえ出来なかったんです。…生き残った元日本兵は現地の名前に変え、現地の女性と結婚し、それぞれ独自に、生きる為に、戦後の自分の人生を徒手空拳で必死に模索せざるを得なかったんです…華僑はインドネシア経済の約70%を牛耳っているんです。その様な状況は東南アジアの多くの国々も同様です。…華僑は金儲けの為なら役人に対する賄賂を含めて、悪い事をする事を何とも思っていないのです。…我が国が大東亜戦争の緒戦において勝利を続け、東南アジア各国を占領した時、華僑はそれまで保持していた権益を失う事に対する反発から、香港、マレーシア、シンガポール等で反日・侮日運動を起こし、反日部隊を組織するなどして、日本軍に対する抵抗や妨害を繰り返したんです。その為に、やむを得ず、華僑粛清事件も起きたんですよ。…日本は、ドイツの様に、組織的、計画的に、特定の民族、国民を不当に虐殺した事は全く有りません。…一方、米国は、広島、長崎への原爆投下並びに東京大空襲を始め、全国の主要都市に無差別爆撃を繰り返し、沖縄戦を含めて何と数10万人の我が国民間人を虐殺したんです。また、(旧)ソ連は、終戦間際、日ソ中立条約を一方的に破って、満州や南樺太及び千島列島を不法に侵略し、多くの我が国民間人を殺戮し、婦女暴行や掠奪を重ね、その後、約56万人もの元日本兵をシベリアに強制連行し、まともに食べる物も与えずに、酷寒の地で強制労働させて約6万人の元日本兵を死に追いやった事などは、何れも甚だしい国際法違反ですよ。にも拘わらず、その様な事が厳しく追及、糾弾されることも全くなく、根拠もはっきりしない事で我が国が不当に非難を受け続け、慰安婦の様に、謝る必要も無いのに、謝り続け、お金など支払う必要がないのに、お金を支払い続けている事は実に馬鹿げているとしか言いようがありません。…それらは全て日本の政治家の多くがあまりにも不勉強且つ無知な為に、中国、韓国、米国並びにロシアから都合の良い様にあしらい続けられているだけです。
 今の日本の一番大きな問題は、その様に卑屈で主体性の無い外交姿勢と自虐教育に有ります。
自国・祖国に自信と誇りを持てる教育をしなくては日本の明日はありません。自分の国に愛国心を持つことは極く当然のことです。日本は愛国心を持てる教育をしなくては駄目です。
 日本は、教育を根本的に改革し直して、日本人の精神を取り戻さなくてはいけません。日本は戦前の教育の方が余程しっかりしていました。日本が戦争に負けたからといって、戦前の日本がやっていた事は全て悪かったかの様に言うのは大きな間違いです。
 日韓併合に付いても、戦後、日本が韓国から不当な抗議を受け続けていますが、日韓併合は、1909年に、朝鮮人の安重根が日本の初代首相であった伊藤博文をいきなり暗殺してしまった為に、大きな負い目を抱いた大韓帝国の方から我が国に対して、併合の申し入れがあり、当時の我が国が(当時の)世界の主要国に確認した処、ただの一国もその事(韓国併合)に反対した国も無く、合法的に日韓併合はなされたのであって、日本がその事で非難を受ける必要は全くありません。我が国が、日清・日露戦争を戦ったのも、その一番の大きな理由は朝鮮半島の自立、独立、安定を図る為だったのであり、もしも、日本が両戦役を戦っていなかったならば、恐らく、朝鮮半島は清国かロシアの領土となっていた可能性が極めて高く、我が国の命運もどうなっていたか分かりません。
 台湾にとって50年間の日本統治は非常に大きな意義が有りました。
 中国人は、伝統的に、強い相手には弱く、弱く出る相手には高圧的に出る民族なんです。
 日本政府が卑屈な外交を続けているから、日本が甘く見られて、多くの日本人が北朝鮮に拉致されてしまう様な全くとんでもない事が起きるんです。今の日本の外交は全く外交になっていません。中国、韓国、北朝鮮の言いなりで、実に情けない限りです。
 インドネシア初代大統領のスカルノは、オランダ時代から反オランダ活動を続け、何度も監獄に入れられていたんです。それを昭和18年3月に、メンクリンという監獄から日本軍が救い出したんです。
 白人は、第二次世界大戦までは、侵略という概念が無かったんです。だから、大東亜戦争迄は、欧米各国が、それぞれ競う様にして植民地を広げていたんです。欧米はその様な事を全く棚に上げて、戦後、日本だけを一方的に悪者に仕立て上げたんです。日本だけに、侵略と言う罪を一方的に押し付けたんですよ。
 オランダ、ポルトガル、スペイン、イギリス、フランス、ロシアは言うに及ばず、米国だって、独立当初は僅か13州からスタートしたにも拘わらず、その後、先住民であったインディアンやメキシコ人の土地に侵略を続け、彼らの多くを虐殺し、ハワイまで併合して、現在50州となっているんです。大東亜戦争の時までは、フィリッピンも植民地にしていたんですよ。…」
 宮原さんのお話は以上の様な内容であった。宮原さんのお話は、それまで小生が抱いていた考え方、歴史観と殆ど同様であった。
 しかし、我が国における戦後教育並びに多くのマスコミの報道は宮原さんのお話とは真逆の内容が余りにも多過ぎる。何としてでも、我が国の教育並びにマスコミ報道を正常化しなくてはならない。 戦後6年8カ月に亘る、GHQ(米国を中心とする連合国軍総司令部)の日本統治(その実態は様々な「日本(人)弱体化政策」)並びに、その後、長期間続いている、「日教組主導の自虐偏向教育」及び、「多くの我が国マスコミの自虐反日報道」等によって、多くの日本人は、「我が国は侵略戦争をした悪い国であった…」かの様に思いこまされてしまっている。しかし、その様な見方は大きな間違いである。「多面的、長期的、総合的」に観れば、「大東亜戦争はアジア解放戦争」であり、結果的には世界の植民地解放に繋がる戦争でもあった。そしてその縮図が「インドネシア独立戦争」だったのである。

More
[PR]
by morohashi0520 | 2016-03-31 10:24

水島総に対する通告書


株式会社 日本文化チャンネル桜
社長 水島 総 殿

                                                        諸橋茂一

君は、君が社長を務める「日本文化チャンネル桜」の番組(以下、同番組という)で、去る3月24日に、またまた、しつこく田母神俊雄氏批判を繰り返しました。その中で、下記1.だけは妥当な内容ですが、私に対しても、非常に不当な主張並びに誹謗中傷等を繰り返しました。その内容並びに問題点及び、当方の要求事項は下記のとおりです。(基本的に、「 」内は、君(水島総)が話した内容の主旨)

1.「(平成26年)7月までは(私は田母神選対に)関係していた。責任はあった。お詫
びもしたい。」
➡その様な気持ちがあるのであれば、君は、正式に記者会見をして、その場で、正式に
「お詫び」をすべきではないでしょうか?もしも、上記の言葉どおり、君が本気でお詫
びをする気持ちがあるのであれば、君の上記の言葉に嘘がないのであれば、君のお詫び
のための記者会見の日時場所等を早く決定して、その1週間前までにお知らせ下さい。
2. ①「(田母神氏に対して、6,000万円を(「頑張れ日本行動委員会」の)口座に移
して欲しいとは言ったが)その事に関して(田母神氏から)『(水島は)自分のものにし
たい(と思っていた)』と言われたから(私は)怒った。」
②「『頑張れ日本…』の口座の中に『…都民の会』の口座を作ったらどうかと言った
だけです。」
➡ 上記の君の発言は①,②共に全く意味不明です。もっと分かり易く説明して下さい。
また、上記②で、君が言っている様な事は、良し悪しは別にして、そんな事が出来るの
ですか?もしも、出来るというのであれば、その根拠を示して説明して下さい。
 3. 君は同番組の中で、複数の通帳の表面は見せましたが、それらの中身は全く見せませ
んでした。君が、自らの正当性を主張するのであれば、それらの通帳の中身を全て公
表すべきです。何時、それらの通帳の中身を公開しますか?4月8日までにお答え下さ
い。
 4.「田母神氏は赤坂の高級クラブに行っていた。」 
➡ 田母神氏は(選挙期間中も、その後も)そんな処へ行っていません。にも拘わらず、
君は全く何の根拠もない嘘を公共の電波を使って流しました。本項における君の発言
を裏付ける証拠を来る4月8日までにお示し下さい。もしも、指定期日までに、君の発
言を裏付ける証拠を示すことが出来ない場合は、君は何の根拠もなく、田母神俊雄氏を
公共の電波を使って誹謗中傷したということになります。その事は、刑法第230条の
「名誉棄損罪」に抵触する可能性がある事を指摘しておきます。
 5. 「(田母神氏は)ありもしない事を言った。」「田母神氏は隠蔽工作をやっている。」
  ➡ 本項の君の発言の根拠を来る4月8日までに具体的にお示し下さい。もしも、それ
  が出来なければ、君は何の根拠もなく、田母神俊雄氏を誹謗中傷したということになり
ます。その事は、前項同様、刑法第230条の「名誉棄損罪」他に相当する可能性があ
る事を指摘しておきます。
 6. 「『石原(慎太郎)さんの処へ行った時に、田母神さんより上座(君は、「じょうざ」
と読んだが、「かみざ」です)に座って喋り続けた。』『(それらの事で)石原さんから
注意されたらしい』というのは全くの嘘であります。」「私は体育会系だから、長幼の序
は誰よりも意識している。」「(諸橋!)こういう嘘をつくんじゃない!」
➡(「長幼の序」を十分心得ているはずの君が、年長者の私(諸橋)に対して、この様
なものの言い方をするとは何事ですか!後述する、3月27日付の私に対するメール
の内容並びにその他の事も含めて、君は長幼の序を全く分かっていないと断じざるを
得ません。にも拘わらず、君は厚かましくも、「私(水島)は長幼の序を誰よりも意識
している」と言いました。君は、言行不一致も甚だしい。
君は、これまで、田母神俊雄氏の名声と信用を散々利用した挙句、田母神俊雄氏が君
の言いなりにならなくなった事を「逆恨み」して、正に、「異常なくらい」に、田母神俊雄氏に対する誹謗中傷を続けてきました。これまで、さも「憂国の士」気取りをしてきた君は、延べ13時間30分にも亘って、真の「憂国の士」である田母神俊雄氏を誹謗中傷してきた事を恥ずかしいとは思わないのですか?
君は田母神俊雄氏に対して、これまで散々「嘘つき野郎」と罵りましたが、その言葉
は君のためにあるのではないですか?君の言っている事とやっている事は全く整合性
が取れていないではありませんか。君の言っている事は、正に「口から出まかせ」と断
じざるを得ません。
7. 「(田母神氏は)また、私の誹謗中傷をした。」
 ➡ 田母神俊雄氏は、君に対して、一体どの様な誹謗中傷をしましたか?その具体的根
拠を来る4月8日までに明らかにして下さい。もしも、それが出来なければ、君は何の
根拠もなく、田母神俊雄氏を批判したということになりますよ。
 8. ①(朝礼の時にボランティアの人達に対する言動が悪かったと私から指摘、注意され
  た件に関して)
   「石井に怒っただけだ。」「諸橋という人物から面と向かって言われた事はない。」
➡ それでは面と向かってではなく、私から(電話等で)注意された事があるというこ
とですか?
②「(諸橋が)私に(その様な事を)言えたことはない。」
➡ 実に偉そうなものの言い方ですね。
③「(逆に、私が)「話が長い」と諸橋に注意した事はある。」
➡ いつも、話が長かったのは君の方です。その事に関しても多くの証人がいます。
④「(真実は)ボランティアの人達に聞いてもらえば分かる。」
➡ ボランティアの方々に確認すれば、君がボランティアの人達に対して如何に横
柄なものの言い方をしていたかが良く分かります。
⑤「(諸橋よ、)嘘をつくな!」
➡ 嘘八百をついているのは水島君、君でしょう。
⑥(私が、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言った事に関して君は)『実るほ
どあたま(頭)を垂れるこうべかな』と言い間違いしていました。(意味不明)
もっと基礎学力をしっかりと身に付けて下さい。
⑦ 石井君も私もボランティアでしたよ。石井、諸橋というボランティアに対して、
失礼、非礼な言い方をしたという事を君は結果的に認めていることになります。
ボライティアの方々に集まって頂いて、お話をお伺いすれば、真実は更に明らかとな
ります。
➡ この件に関する真実は、上記を含めて、いずれ、法に基づく場で明らかにすること
になるでしょう。
 9.「ペアを組んでいた人はいつの間にかいなくなった。」
➡ 意味不明ですね。これは具体的に一体何を言っているのですか?
 10.「弁護士も下りた。」
➡ これも君の嘘ですね。この発言は、具体的に、一体誰のことを言っているのです
か?来る4月8日までに明らかにして下さい。
 11.「(諸橋は)ありもしない事を延々と言った」
  ➡ 君が上記で言った「…ありもしない事…」とは、具体的に私のどの発言を捉えて言
ったのですか?また、同時に、「…ありもしない事…」と君が言い張る、その根拠を来
る4月8日までに明らかにして下さい。
 12.「(諸橋が、)『(田母神さんが出馬表明したその日に、水島が)街宣車に乗って延々と
喋り続けた』と言ったのは嘘です。こんな嘘、信じられない。(街宣車の上で延々と喋
り続けたのは諸橋)お前だろ。」
➡ 上記の君の発言は全て君の嘘です。私が話した事が真実です。証人は何人もいます
。法に基づく場において、その真実を明確にします。
 13. (「南京の真実」3部作を作ると水島が言って3億数千万円を集めた。そして、5~
6,000万円かけて第一部作だけを作った。残りの約3億円はどうしたのですか?」
と私が発言した事に対して)
「(「南京の真実」第一部作を作るのに)5~6,000万円であの映画が作れるか!
  2億3,000万円掛かった。」「こういうデマを平気で飛ばす。(諸橋は)ありもしな
  い事を言った。(諸橋は、私=水島を)誹謗中傷したとんでもない人物」(である。)
➡ 君がその様に主張するのであれば、君は、「南京の真実」第一部作の製作費内訳
を、全ての領収証を含めて明らかにしなくてはいけません。来る4月8日までに、同映
画の製作費内訳を証明する領収書等を添えて、君の発言の正当性を御説明下さい。 
 14. (「水島が、尖閣に行く船を買いたいと言って集めたお金が3,000万円ほど余っ
  ているはずだ」という諸橋の指摘に対して) 
①「これも嘘、(諸橋を)訴える。ひん曲がった根性の嘘つきは名誉棄損で訴えたい
  と考えております。」「こういう嘘つきで卑劣な人物が(田母神氏の)周りにいる。(こ
  とが大きな問題である。)」「(田母神のやっている事は)国を売る行為であります。」
➡ 君が、この様に発言した以上は、君は、前項同様、本項に関する支出内訳を明ら
かにしなくてはいけません。来る4月8日までに、本項に関する経費内訳を証明する領
収書等を添えて、君の発言の正当性を御説明下さい。
②「(田母神と諸橋)両名を必ず訴えたい。」
➡ 君は、本項の文言を繰り返しました。公共の電波を使ってこの様に言った以上、君
は速やかに我々を提訴する責務がありますね。どうぞ早く、提訴、或いは告訴して下さ
い。
15. 3月27日(日)午前11時23分、私は、君に対して、「同番組で、田母神俊雄
と諸橋を訴える」と繰り返し言っていましたが、どうぞ早く訴えて下さい。私は堂々
といつでも受けて立ちますよ。」とメールを入れました。
   すると、君から返信がきました。その内容は
①「焦ってジタバタしないで、首を洗って待っていなさい。平気で嘘をつく半島系工作員とは関わりたくないので、以後メールなど気安く送らないように。」というものでした。
➡ 年長者の私に対して、君のこのメールの文言は一体何ですか?この事だけでも、君が如何に長幼の序ということを全く弁えていない人物であるかということと、同時に、君が如何に嘘つきかという事を明確に証明しています。上記6.で君が言った事は口から出まかせの全くの嘘であるということです。
② 上記のメールで、君は私に対して、「焦ってジタバタしないで」「首を洗って待っていなさい。」と記していますが、この文言は一体何ですか?これは、私に対する脅しですか?本項の君のメールの文言は、刑法第222条の「脅迫罪」並びに同第223条の「強要罪」に抵触する可能性があります。
③ 同メールで、君は私に対して、「平気で嘘をつく…」と記していますが、この文言は、刑法第230条の「名誉棄損罪」に抵触する可能性があります。
私の発言の一体どの部分が「平気で嘘をつく…」に当たるのですか?来る4月8日までに御説明下さい。
④ 同メールで、君は私に対して、「半島系工作員」と断じています。私は(所
謂)「半島系」ではありません。先祖代々、れっきとした純粋な日本人です。(先祖
は、江戸時代に、長期間、「山回り代官十村役」を務めた由緒ある家系です。13代
を遡る家系図もあります。)ましてや、「半島系工作員」などではあろうはずもありま
せん。
 君は、全く何の根拠もない事をよく言えるものですね。全く理解不可能です。
田母神俊雄氏に関する事も、君はこれまで、何の根拠も無い事を言い続けてきたので
あろうと推測せざるを得ません。
   君のこの発言は、刑法第230条の「名誉棄損罪」並びに同第231条の「侮辱罪」他に抵触する可能性があります。
   本項の君の文言を裏付ける資料を示して、来る4月8日までに、君の文言の正当性を説明して下さい。それが出来なければ、君は何の根拠もなく、私の名誉を棄損したと同時に私を侮辱したということになります。
⑤ 同メールで、君は私に対して、「…以後メールなど気安く送らないように。」と記しています。君は一体何様だと思っているのですか?この高圧的な文言は一体何ですか?君のメールのこの文言は、刑法 第223条「強要の罪」に抵触する可能性があります。

16. 上記の中で、「4月8日までに、証拠を示して説明して下さい。」としている件に関し
ては、指定期日までに、「内容証明郵便」にて御回答下さい。もしも、それが出来ない
場合は、君は何の根拠も無く、私と田母神俊雄氏の名誉を棄損し、或いは、侮辱し、或
いは、脅迫し、或いは不当、不法に強要を成したということになります。
 また、当然、君の対応の全てが、(君が誠実に対応しないかも知れない場合をも含め
て)今後、法的な場においては、重要な証拠となりますので十分御承知おき下さい。
以上
[PR]
by morohashi0520 | 2016-03-31 10:13

  水島総は、彼が社長を務める「日本文化チャンネル桜」の番組で、去る3月24日に、

またまた、しつこく田母神俊雄批判を繰り返した。その中で、下記1.だけは妥当な内容で

はあるが、私に対しても、非常に不当な主張並びに誹謗中傷等を繰り返した。その骨子

並びに問題点は下記のとおりである。(基本的に、「 」内は、水島総の言った内容)

1.「(平成26年)7月までは(私は田母神選対に)関係していた。責任はあった。お詫

びもしたい。」(その様な気持ちがあるのであれば、水島は、正式に記者会見をして、そ

の場で、正式に「お詫び」をすべきではないでしょうか?)

2.「(6,000万円を口座に移して欲しいとは言ったが)その事に関して(田母神氏か

ら)『(水島が)自分のものにしたい(と思っていた)』と言われたから怒った。」(私は)

「『頑張れ日本…』の口座の中に『…都民の会』の口座を作ったらどうかと言っただけ

です。」?(意味不明)

 田母神氏は水島が自分のものにしたいと思っていたとは当時言っていないというこ

とです。水島が、何故怒るのか、女性キャスターと一緒になって、「どうして田母神はそんなすぐにばれる嘘をつくのか、あのおおウソつき野郎とか言って田母神氏をののしるのかが不思議だった」と田母神氏から聞いている。「水島が自分のものにしたいと思っていたのではないかと言ったのは28323が初めてである。」と田母神氏は言っています。

 3. 水島はその番組の中で、複数の通帳の表面は見せたが、それらの中身は全く見せなか

った。(水島が、自らの正当性を主張するのであれば、それらの通帳の中身を全て公表

すべきです。)

 4.「田母神氏は赤坂の高級クラブに行っていた。」 ➡ 田母神氏は都知事選後、今日ま

でそんな処へ1回も行っていない。(明らかな水島の嘘)

 5.「(田母神氏は)ありもしない事を言った。」「田母神氏は隠蔽工作をやっている。」(こ

れらも水島の嘘)

 6.「『石原(慎太郎)さんの処へ行った時に、田母神さんより上座(水島は、「じょうざ」

と読んだが、「かみざ」である)に座って喋り続けた。』『(それらの事で)石原さんから

注意されたらしい』というのは全くの嘘であります。」「私は体育会系だから、長幼の序

は誰よりも意識している。」「(諸橋!)こういう嘘をつくんじゃない!」

(全て、水島の嘘)(「長幼の序」を十分心得ているはずの水島が、年齢的に先輩の私(諸

橋)に対して、この様なものの言い方をするとは何事か!水島は、長幼の序を全く分か

っていないと言わざるを得ない。)

7.「(田母神氏は)また、私の誹謗中傷をした。」(水島の嘘。田母神さんに対する誹謗中

傷を繰り返しているのは水島の方である。)

 8.(朝礼の時にボランティアの人達に対する言動が悪かったと諸橋から指摘、注意された

件に関して)

  「石井に怒っただけだ。」「諸橋という人物から面と向かって言われた事はない。(諸橋

が)私に(その様な事を)言えたことはない。」「(逆に、私が)「話が長い」と、諸橋に

注意した事はある。」(いつも、話が長かったのは水島の方である。)

「(真実は)ボランティアの人達に聞いてもらえば分かる。」?(ボランティアの方々に

聞いてもらえば、水島が如何に横柄なものの言い方をしていたかが良く分かります。)

「(諸橋よ、)嘘をつくな!」?(嘘八百をついているのは水島君、君でしょう。)

(諸橋が、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言った事に関して水島は)『実るほ

どあたま(頭)を垂れるこうべかな』と言い間違いした。(意味不明)(しかも、石井も

諸橋もボランティアであった。石井、諸橋というボランティアに対して、失礼、非礼な

言い方をしたという事を水島は結果的に認めていることになる。)(ボライティアの

方々に集まって頂いて、お話をお伺いすれば、真実は更に明らかとなります。)

 9.「ペアを組んでいた人(岡野氏のこと?)はいつの間にかいなくなった。」(意味不明)

 10.「(南出喜久治)弁護士も下りた。」(水島の嘘) ➡ 今も下りていない。

 11.「(諸橋は)ありもしない事を延々と言った」(水島の嘘)

 12.「(諸橋が、)『(田母神さんが出馬表明したその日に、水島が)街宣車に乗って延々と

喋り続けた』と言ったのは嘘です。こんな嘘、信じられない。(街宣車の上で延々と喋

り続けたのは諸橋)お前だろ。」(全て、水島の嘘。私が話した事が真実です。証人は何

人もいます。)

 13.(「南京の真実」3部作を作ると水島が言って3億数千万円を集めた。そして、5~6,

000万円かけて第一部作だけを作った。残りの約3億円はどうしたのですか?」と諸

橋が発言した事に対して)

「(「南京の真実」第一部作を作るのに)5~6,000万円であの映画が作れるか!2

億3,000万円掛かった。」「こういうデマを平気で飛ばす。(諸橋は)ありもしない

事を言った。(諸橋は、私=水島を)誹謗中傷したとんでもない人物」(である。)(水島

がその様に主張するのであれば、水島は、「南京の真実」第一部作の製作費内訳を、全

ての領収証を含めて支出内訳を明らかにしなくてはいけません。) 

 14.(「水島が、尖閣に行く船を買いたいと言って集めたお金が3,000万円ほど余って

いるはずだ」という諸橋の指摘に対して) 「これも嘘、(諸橋を)訴える。ひん曲が

った根性の嘘つきは名誉棄損で訴えたいと考えております。」「こういう嘘つきで卑劣

な人物が(田母神氏の)周りにいる。(ことが大きな問題である。)」「(田母神のやって

いる事は)国を売る行為であります。」「(田母神と諸橋)両名を必ず訴えたい。」

(水島が、この様に主張するのであれば、前項同様、その支出内訳を明らかにしなくて

はいけません。)

以上

15. 3月27日(日)午前11時23分、私は、水島総に対して、「…番組で、私を訴え

る」と繰り返し言っていましたが、どうぞ早く訴えて下さい。私は堂々といつでも受

けて立ちますよ。」とメールを入れておきました。


[PR]
by morohashi0520 | 2016-03-31 10:04